アニメ「ハイスコアガール」ROUND 9(小春を応援したいと思う話)

0

    ・・・ガイルさんは今回お休みでした・・・( ´_ゝ`)

     

     

     

    こんばんは、謙太郎です。

     

    ハイスコアガール、ROUND 9(第9話)の視聴感想です。

     

    TVアニメ「ハイスコアガール」公式サイト

    http://hi-score-girl.com

     

     

    先日(9/7)にイベントで上映会とトークショーがありまして、

    私はYouTube Liveの生配信で見ていたのですが、

    ガイルさん役の安元洋貴さんがホントに面白くてw

    すっかりファンになりました( ´∀`)

     

    安元さん、どうやらほぼ同世代のようですし、

    駆け抜けてきた時代も同じようなものでしょうし、

    語られるゲームの話がほとんど刺さるものでして、

    お友達になりたいと思いました、ハイ。

     

     

    ということで、第9話の感想です。

     

     

    ↓(一応)ネタバレ注意

     

     

    ハルオだね・・・

     

    一歩進んで・・・

     

    サクラチル・・・

     

     

    (川柳できた)

     

     

     

    そっか、もうここで高校受験、つまり中学編終わりってことか。

    残りの3話で高校編やるんだなぁ・・・

     

    まぁたしかに、ハルオの恋心はまだはっきりとは芽生えていない(と思われる)ので、

    この先を進めないと、もうちょっとストーリー的にクライマックスとはならないかもね・・・

     

     

    改めて一話通しての感想としては、

    今回はほとんどがハルオの一人語り。

     

    やっぱり大野さんが一話通して登場する回は、

    ハルオの心情が、言葉で表されますよね。

     

    基本的にハルオは一人でなんでも決めたり行動したりする節もあり、

    他人に左右されるような人間ではないのだろうけど、

    こと、大野さんが絡む話になると、

    ハルオが大野さんの表情・行動を見ることで、

    心が動かされているんだな〜、って思いますね。

     

     

    ハルオ自身の成長には、

    やっぱり大野さんの存在って大きいし、

    逆に大野さんにとっても、

    一歩進むためにはハルオの言葉や行動、存在そのものが心の支えになっていて・・・

     

    お互いがお互いに、欠かせない存在になっているんだな、って印象ですね。

     

     

    ・・・(今の)小春では・・・ダメなんだろうなぁ・・・

     

     

    宮尾くんの察し力、

    大事なことは言わない(「(・・・大野さんと一緒の高校に・・・)」のくだり)

     

    小春のもどかしさ、

    言いたいことを言えない(「(・・・私も(勉強)教えてあげたい・・・)」のくだり)

     

     

    これなーーーーーーーーーーーー!!!

     

     

    宮尾くんはイケメンすぎるし、

    小春はきっと心の中で「(・・・きっと大野さんと一緒の高校に・・・)」って分かってそうだし・・・

     

     

    小春「(・・・それだけ本気ってことなんだね・・・)」

     

     

    この時の小春の表情が・・・見えない・・・っ!

     

    この時どんな表情してるんだろ・・・

     

    どんだけもどかしいんだろこの娘は・・・

     

    教室で一緒になって教えているときはいつもの笑顔で接しているのに・・・

     

    一人でいるときはどんな表情と心境で過ごしているんだろうねぇ・・・

     

     

    あーーーーーーー!!

     

    小春が・・・・・・いじらしい・・・・・・!!

     

     

     

    ・・・なんとか小春が報われてくれないかなぁ・・・

     

     

    (・・・あれだけの出番でこれだけ小春のことを語れるか、ってくらい異常ですね、私は・・・w)

     

     

     

    【ゲームの話】

     

    セガサターンが発売されて、

    プレイステーションも発売されて、

    懐かしい時代でしたね。

     

    私はメガドライブを持っていたので、

    そのままセガサターン派になった感じでした。

    (のちにプレステも買いましたけど)

     

    バーチャファイターではパイを使っていました。

    あとはデイトナUSAとか、シムシティ2000とかをやっていたかな?

     

     

    でも、セガサターンでもっとも動かしたゲームは・・・

     

     

    「ときめきメモリアル 〜forever with you〜」です。

     

     

    ・・・この時に(二次元での)初恋の人、紐緒結奈さんと出会ったんですね(* ´_ゝ`)

     

     

    ・・・・・・青春でしたね・・・・・・(しみじみ)

     

    JUGEMテーマ:アニメなんでも


    アニメ「ハイスコアガール」ROUND 8(小春が置いてきぼりにされる話)

    0

      緊張を止めるには、手のひらに「人」という字を3回書いて、ファネッフー!

       

       

       

      こんばんは、謙太郎です。

       

      早速ですが、ハイスコアガール、ROUND 8(第8話)の視聴感想です。

       

      TVアニメ「ハイスコアガール」公式サイト

      http://hi-score-girl.com

       

       

      ↓(一応)ネタバレ注意

       

       

      小春「(さみしいな・・・)」

       

       

      私もさみしいです。

       

       

       

      以上、今回の感想でした。

       

       

       

       

       

       

      (゜o゜(☆○=(-_- )゙

       

       

       

       

       

       

      ・・・あー、こういう気分も何年かぶりだなw

       

      小春の活躍が無いと、こんなにも書くことが無いのかと(^^;

       

       

      今回は、大野さんとの決着をつけたいハルオの気持ちが、対決前も対決後も、あふれでていたと思います。

       

      そんな時に見つけた、懐かしいオモチャのリング。

      やっぱりなぁ・・・プレゼントしたものを大事に、しかも身につけていたとなれば・・・

       

      どれだけ恋愛に疎いハルオでも流石に考えたら分かる・・・よなぁ・・・

       

       

      だからまぁ・・・今回は・・・

       

       

      小春が置いてきぼりにされた上に、二人の関係に対しても置いてきぼりにされた・・・という事で。

       

       

      あと宮尾君が何かとイケメン。

       

       

       

      JUGEMテーマ:アニメなんでも


      アニメ「ハイスコアガール」ROUND 7(小春が幸せそうな話)

      0

        安心しました( ´∀`)

         

        Netflixさん、今週はちゃんと日曜0時に配信してくれました。

         

         

        こんばんは、謙太郎です。

         

        ということで、ハイスコアガール、ROUND 7(第7話)の視聴感想です。

         

        TVアニメ「ハイスコアガール」公式サイト
        http://hi-score-girl.com/

         

         


        ↓(一応)ネタバレ注意

         

         

        うん、デートだね( ´∀`)

         

         

        ハプニングデート。
        小春のご褒美回です。

         

         

        「デートみたい」
        って言っちゃってますもんね( ´∀`)

         

         

        経緯はどうあれ、ハルオと二人きりの

        (多分)米原→京都間の旅。

         

        怒ってワニワニパニックにぶつけてても・・・

        ・・・結局嬉しいんだもんなぁ、小春は( ´∀`*)

         

        旅館のゲーセンでのシーン。

        大野さんにも「日高って同じクラスの女」という情報が入ったのはここで、ってことになるかな。

         

        ここでの大野さんのムッとした顔は・・・


        どっちだ・・・?

         

        「日高って同じクラスの女」になのか?
        「素晴らしい駄菓子屋ゲーセンを発見した」になのか?

         

        タイミング的には後者なんですけどねぇ・・・

         

        大野さんも、どちらかと言えばハルオに近くて、異性としての意識は薄いと思うんですよねぇ・・・

         

        それでもハルオに比べたら有りそうですが、それなら「日高の存在」を知ったことに対して・・・というのも考えられるかも。

         

        前にも書きましたが、ハルオと大野さんの関係は、異性とかどうこうではなく特別な関係性ですからね。

         

        そこに割って入ろうとする小春・・・
        頑張ってほしいなぁ・・・小春に。

         

        それにしても、ハルオ・・・
        意識してなさすぎだろう流石に・・・


        ここまでゲームバカとはなぁ・・・

        まぁね、ハルオにそれを求めるのは、無理。

         

        小春が楽しそうなら、それでいいじゃないですか、うん。

         

         

        まぁ何とか今回は、心穏やかに書けました。
        小春が楽しそう&幸せそうでしたからね( ´∀`*)

         

         

        ・・・・・・不思議なもので・・・・・・

         

        小春を見ていて心苦しい回の方が楽しんでいる自分もいます( ´_ゝ`)

         

         

        JUGEMテーマ:アニメなんでも


        アニメ「ハイスコアガール」ROUND 6(小春を見ていると苦しくなる話)

        0

          こんばんは、謙太郎です。

           

          ・・・・・・こうなるともう、最終話まで書くのでしょうね、きっと私は・・・

           

          ハイスコアガール、ROUND 6(第6話)の視聴感想です。

           


          TVアニメ「ハイスコアガール」公式サイト
          http://hi-score-girl.com/

           

           

          今回も私はNetflix配信待ちです。
          ただ今回は何かしらのトラブル(?)で、配信が遅れておりました。
          (月曜未明かな?)

           


          ・・・待っていましたよ・・・・・・( ´_ゝ`)

           

           


          ↓(一応)ネタバレ注意

           

           

          ・・・・・・苦しい・・・・・・

           


          もう、小春目線で観たら、ダメなんですね・・・・・・?

           


          苦しいんですよ。
          大野さんが出てきてしまったら、ハルオはもう大野さんしか追いかけなくなってしまうので・・・


          おそらく小春も、ハルオが追いかけている女子の存在に気付いたはずでしょうから・・・

           


          ゲーセンから出て・・・
          大野さんが車に乗って帰って・・・
          車が動いたの先にはハルオを見つけた小春がいて・・・

           


          これはもう・・・・・・苦しいってホントに・・・

           


          「また矢口君と同じクラス」とか・・・
          「もし私が強くなったらどんな顔するんだろ」とか・・・
          「もし一緒になって結婚なんてしたら大変そうだな」とか・・・

          「カップル!?周りからはそう見えるんだ・・・ちょっとうれしいかも・・・///」とか・・・

           


          恋する女子以外の何者でもないこーんな良い娘が・・・


          ・・・これからどうなっちゃうのかと考えると・・・


          ・・・どんな扱いされてしまうのかと考えると・・・

           

           


          ・・・・・・苦しいです・・・・・・

           

           

           

           

          ・・・・・・


          ゲームのアニメなのにゲームのことが全く入ってきません( ´_ゝ`)

           

           

           

          以上、小春目線(ではなくただの小春しか見ていない第三者目線)での感想でした。

           

           

           

          ・・・・・・ふぅ・・・・・・

           

           

          JUGEMテーマ:アニメなんでも


          アニメ「ハイスコアガール」ROUND 5(小春の気持ちが固まった話)

          0

            こんばんは、謙太郎です。

             

            いやー・・・ダメだ・・・

             

            書かずにいられない・・・

             

            ということで珍しく2週連続更新します。

            ハイスコアガール、ROUND 5(第5話)の視聴感想です。

             

            TVアニメ「ハイスコアガール」公式サイト

            http://hi-score-girl.com/

             

            私はNetflix配信待ちですので、日曜0時配信開始のタイミングでの視聴になります。

             

            でも今回は、

            Twitterで、小春役の広瀬ゆうきさん( @hiroseyuuki: https://twitter.com/hiroseyuuki )とフォロワーさん方がリアルタイム視聴でツイートされていましたので、未視聴の私がそれをネタバレ上等で拝見したうえでの初視聴になります。

             

            では今週もネタバレなるべく控えめに感想を。

            ちなみに原作は、5巻まで読みました。

            この先をある程度知っているうえで、知らない想定で書かせていただきます。

             

            ↓(一応)ネタバレ注意

             

             

            あーあーあー・・・

             

            あーもう・・・

             

            バカなハルオ・・・

             

            バカでまっすぐすぎるハルオ・・・

             

            小春もなんでそんなヤツ追いかけてるのよ・・・

             

            なんでそんなヤツのこと気になっちゃってんのよ・・・

             

             

            とにかくですね、ハルオの頭の中には、

             

            「ゲーム」

             

             

            「大野さんとの『対決』」

             

            のことしか頭に無いんですよ。本っ当に!それだけ!

             

             

            小春とたまたま出会ってもゲームショップ。

             

            ふと小春が気になったゲームがあれば、ここぞとばかりにそのゲームのことを語りだし、自分のプレーをひけらかし、小春にもゲームのプレーを強要する。

             

            で、その天性的で奇跡的な小春のゲームプレーを目の当たりにして、ハルオが思い浮かべたのが「大野さん」って・・・

             

             

            バカなんですよ。

             

            「ゲーム」と「大野さんとの『対決』」のことにまっすぐすぎるバカなんですよ。

             

            せっかく交換でもらったクリスマスプレゼントの手袋を、本人の目の前で、ゲームの道具として使って、ボロボロにしちゃう。

             

            (多分)初めて、女子からもらったプレゼントだろうに・・・

             

            もうちょっと、意識してあげなきゃいけないんじゃない?・・・ハルオ・・・

             

            これは別に相手が「気がある?」かどうかは関係なく、ちょっと気にかけてあげなきゃいけないんじゃない?・・・ハルオ・・・

             

             

            でも分かる・・・中学生男子に恋愛なんて・・・少なくとも私にはそんな感覚なかったですよ・・・同級生の女子にはあったようでしたが・・・今思い出したら、申し訳ないなーと思うこともありますよ・・・

             

             

            そんなハルオのことを、気になってしまう小春・・・

             

            多分、多分ですよ?

            これまで遭遇してこなかった類の男子なんでしょうね?

             

            小春は真面目だろうから、付き合いのある同級生(男女問わず)にこの手の男子がいなかったんでしょうね?

             

            (この関連の発言があったかどうか覚えていません)

             

             

            そんなハルオにたまたま巡りあってしまって、

            たまたま自宅の店先のゲーム機にハルオが通うようになって、

            自然と会話を交わすような仲になって・・・

             

            良いところも悪いところも、

            ハルオのことを知れば知るほど、

            ハルオに対する小春の気持ちは大きくなっていって・・・

             

            「私のことなんて全然見ていない」

             

            のに

             

            「この気持ちは曲げたくない」

             

            ってなる・・・

             

             

             

            いやぁぁぁ・・・

             

            ・・・・・・切ないって・・・・・・

             

             

            このアニメ、といっても先週からですけど、小春のモノローグが本当に胸のあたりを掴まれる・・・

             

            小春が・・・切ないんですよ・・・・・・

             

             

            広瀬さんのツイートより引用

            (勝手に引用失礼します)

            https://twitter.com/hiroseyuuki/status/1027956449098383360?s=19

             

            >小春は

            普通に読むと冷たく感じる台詞でも、語尾には全部「でも好き♡」って入るような感じでやってとディレクションして頂くことが多いです。

             

            このエピソードを聞いたうえで、今回初視聴したので、

            実際には「(でも好き♡)」がどのセリフから入るんだろうなぁ・・・と想像しながら観ていました。

             

            「嫌い!あんな男大嫌い!(でも好き♡)」

            には、ありました。

            (少なくとも私の中ではここからかなぁ)

             

             

            その後のセリフには大体入っているような感じを受けましたね。

            もちろん、感情の強弱大小はあるうえでの様々な(でも好き♡)でしたけど。

             

             

            先週の感想でも書いたのですが、

            http://blog.kenmypace.net/?eid=15

             

            >大野さんが全く喋らなかっただけに、その明らかな対比として、ちゃんと言葉で会話する小春

             

            というのが本質にあるというのを、この5話で改めて実感しています。

             

             

            大野さんと小春の両極端なヒロイン。

             

            かたや喋らなくても通じている。

            かたや喋っていても想いが伝わらない。

             

            というのが・・・切ない!!

             

             

            小春が・・・切ないんですよ・・・・・・

             

             

            でも、間違いなく、

            今回で小春の気持ちは固まったと見て取れます。

             

            そこに、ハルオのかつての好敵手であり、特別な存在、大野さんが帰ってくる・・・

             

             

            はい、三角関係見事に成立。

             

             

            大野さんがどのような気持ちで帰ってくるのか・・・

            小春との『(いろんな意味での)対決』はあるのか・・・

             

             

            ・・・また切ないんでしょう?( ´_ゝ`)

             

             

             

            あーもうあーもう・・・

             

             

            ハルオのバカが・・・

             

             

            (でも好き♡)

             

             

             

             

            【おまけ】

             

            本筋の感想の中でゲームそのもののことに触れると、色々ぶれてしまいそうでしたので、

            一応このような形ではありますが、おまけ程度に。

             

            私も、お年玉と小遣いをまとめて、PCエンジンとスーパーCD-ROM2を買いました。

            記憶が確かなら、中学生時代なんだけどなぁ・・・

             

            今でこそ当たり前(というか声が入っていないゲームを探す方が難しい)ですが、

            アニメの、声優さんの声がゲームから聴こえるってのは、この頃はやっぱり革命でしたよ・・・

            その性質からか、アニメ関連のゲームが多かったのも事実。

            当時のアニオタにはたまらなかったのですよ。

             

            その手のゲームで、私が「確実に買った!」と覚えているのは・・・

             

             

            「銀河お嬢様伝説ユナ」

             

             

            です( ´_ゝ`)

             

            (ヒロイン役は横山智佐さん)

             

             

            JUGEMテーマ:アニメなんでも


            << | 2/5PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << November 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            recent trackback

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            みんなのブログポータル JUGEM